女性・高齢者の腰や肩の痛みを改善するマットレス【体重や年齢別】

体重・年齢別のマットレスの選び方

マットレスを見直して腰痛改善

女性や高齢者の腰痛

女性や高齢者など、筋力がない方は腰痛に悩んでいる場合が少なくないでしょう。

腹筋や背筋などで腰を支えられないと腰への負担が増えてしまうからです。

とはいえ、頑固な腰痛の原因は、多くの要因が複合して、困難な症状を生み出してしまっているはずなので、腰痛を抑えるためには日頃の生活習慣を改める必要があります。

マットレスで腰痛や肩こりを軽減

中でも1日で多くの時間を過ごすマットレスを見直しは最優先でしょう。

人の体重を支え、寝返りをサポートしつつ、快適な寝心地を提供するマットレスは、腰痛持ちには見逃すことができない存在です。

特に筋力がない女性や高齢者の場合、自然な寝姿勢を維持してくれ、睡眠時に無駄な筋力を使わなくて済むようにしてくれるマットレスの存在が非常に重要になるのです。

どれだけ優れたマットレスを選ぶかによって、疲労回復の度合いが違ってきます。

当然、翌日の腰の痛みも違ってきます。

「腰痛改善」=「自分に合ったマットレス」と言っても決して間違いではないはずです。

 

腰痛マットレスを選ぶ基準

腰痛マットレスを選ぶ基準

腰痛解消のため、どういった条件のマットレスを選ぶかを考えてみましょう。

マットレスと言っても、体圧分散を重視した高反発マットレスもあれば、柔らかく寝心地を重視した低反発マットレスもあります。

ベッドの枠に収まるコイル系マットレスもあれば、ベッドを使わず床に直置きできる布団型のマットレスもあります。

このように、マットレスは実に様々なタイプがあるのです。

腰痛によいマットレスは高反発マットレス

一般的に腰痛改善には「高反発マットレスがよい」と言われています。

これは間違いがなく、現在の売れ筋マットレスの多くは「高反発マットレス」です。

ただ、高反発マットレスと言ってもピンキリです。

楽天などで売っている生産国不明の数千円の粗悪品もあれば、睡眠科学から生み出された最新の機能性マットレスまでが同じ高反発マットレスとしてカテゴライズされています。

高反発マットレスだからと言って、すべてが高品質というわけではないのです。

また比較的高品質なマットレスであっても、感触が硬すぎて寝心地が悪いマットレスがあったり、折りたたみができないなど、自室の環境によっては利用しづらいこともあるでしょう。

さらに、機能性は高いもののの、明らかに高額すぎるボッタクリマットレスなどもあるので、総合的な選択が大切です。

雲のやすらぎ

テレビ局各社で大絶賛!雑誌でも特集が組まれ、全国の利用者から満足度の高いクチコミが集まる注目度抜群のマットレスです。
「雲のやすらぎ」がこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。
腰痛で悩んでいる方、朝起きると腰が痛くなってしまう方、低反発マットレスが合っていないと感じる方などに最適です。

【商品の特徴】
■安心の日本製
■体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
■優れた体圧分散機能で腰痛の方でも安心
■厚さ脅威の17cmと極厚ふんわりボリューム
■最高級ロレーヌダウン仕様で冬は温かい
■リバーシブルで春夏は通気性抜群で涼しい
■SEKマーク取得!防ダニ・抗菌、防臭効果

 

体圧分散機能を重視する

高反発マットレスであっても、体圧分散性に劣ると、腰部分に余計な負担がかかりやすくなります。

体圧分散機能は、高額なマットレスほど優れている傾向にあるので、十分な体圧分散機能を有したマットレスを選択したいところです。

また、体圧分散性と同じくらい大切なのが、マットレスの厚みです。

エアウィーヴなど、マットレストッパーに代表されるような薄型のマットレスは、姿勢を安定しやすく、寝心地を変えられる利便性がある反面、マットレス自体の厚みがなく、どうしても底付き感が出てしまうため、十分な体圧分散ができなくなる恐れがあります。

最低でも8cm以上の厚みがあるマットレスを選ぶようにしましょう。

一方、あまりに硬すぎるマットレスだと反発力が強くなりすぎて、体圧分散が上手くできず、逆に腰痛を悪化させることにもなるため注意が必要です。

自身の体型や体重などを考慮し、適度な硬さのマットレスを選ぶことが重要になります。

モットン

球界のレジェントである山本昌さんが使っているマットレスとして人気なのが「モットン」です。

【商品の特徴】
■自然な寝返りをサポートする反発力
■体圧分散に優れ、腰への負担を軽減
■8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性
■通気性が良く、蒸れにくい
■ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心
■思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地
■安心のアフターサービス
■体重や好みに合わせて選べる硬さ

 

低反発マットレスはNG

低反発マットレス

低反発マットレスは柔らかく寝心地は悪くないものの、あまり反発力がないため、沈み込みが大きくなるという致命的な欠点があります。

沈み込むのは、頭部や腰といった身体の重い部分なので、そこを支える筋肉に負担がかかりやすくなります。

頭を支える首や肩、そして腰などの特定の部位に負荷がかかれば、そこの血流が悪化し、疲労が蓄積していくことになります。

それが長年積み重なれば、ある日「腰痛」や「肩こり」と言った症状で現れてくることになります。

寝ながらにして腰痛や肩こりになりやすいのは「低反発マットレス」です。

低反発マットレスで腰痛

柔らかすぎるマットレスは腰痛によくない

寝心地だけを優先するのではなく、マットレスの機能を重視して、買うべきマットレスを正しく選択してください。

ということで、低反発マットレスは、腰痛や肩こりのある方には、あまりおすすめできません。

そのため、基本的には高反発のマットレスを中心に選ぶことになりますが、いずれにしても最適なマットレスの条件は、体型や体重によって変わってくるので、自身に合ったものを選択するようにしなければいけません。

 

体重別のマットレスの選び方

体重別のマットレスの選び方

マットレスには硬さがある

腰痛改善に向いている高反発マットレスと言っても、全ての商品が同じ硬さというわけではなく、寝心地や体圧分散を目的に細かい仕様に分けられています。

硬さは反発力とほぼ同義であり、反発力が体重に合っていれば体圧分散がしっかりでき、腰への負担が軽減されるようになるのです。

高反発マットレスの反発力は「ニュートン」と呼ばれる単位で表されます。

大抵の商品にはニュートンまたは「N」といった数値で表記されています。

反発力は実際に寝転んでみないとわからないことも多いですが、数値で見ることができれば商品に触れずとも選択しやすくなることは間違いありません。

マットレスの硬さの詳細

ニュートン数硬さ
100N以上硬い
60N~100N未満普通
60N未満柔らかい

反発力の基準は60N未満なら柔らかめで低反発並みとなっており、60~100N未満で一般的な反発、100N以上が硬めのものとなっています。

しかし、100Nでも高反発といった印象は受けにくく、腰痛持ちの人には硬さが不足している感じがあります。

腰痛向けの商品は120~170Nで販売されているので、この範囲で選択するのが一般的です。

ただし、商品化するものは体重が80kg前後の人向けに開発されているため、体重が軽いお子様や女性、高齢の方は、ニュートンの数値を少し柔らかめにしてもいいかもしれません。

100Nは体重50kg以下の人向けで、特に子どもであったり、女性にはぴったりの数値と言えます。

170N以上が体重80kg以上の人向けで、200Nを超えるとほとんど沈み込みを感じにくくなり、畳の上で寝ているような感覚になりやすいですが、硬い寝心地でないと安心できないといった人にはよいかもしれません。

また、高身長で体が細い人は高反発の効果を感じにくいこともあるので、少し柔らかめのものを選ぶよいでしょう。

マニフレックス

イタリアで生まれた「マニフレックス」は50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。
マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。
硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴で、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」はその品質と耐久性を証明する長期保証がついています。
日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

東京西川Air

三浦知良選手や田中将大投手、羽生結弦選手など、多くのトップアスリートも愛用する西川AiRシリーズです。
上層部の凹凸で体圧を分散します。
多数の点で身体を支えるためフィット感に優れ、体圧分散機能により睡眠中の血行障害を緩和するので筋肉や靭帯の疲労を回復させます。
3層構造のでそれぞれの硬さを変えており、硬めのベース部分が体をしっかり受け止め、理想的な寝姿勢をキープします。

 

女性のマットレスの選び方

 女性のマットレスの選び方

女性のマットレス選びのポイント

人間は男性と女性で骨格や筋肉の作りが違います。

これは見た目だけでもはっきりわかるものです。

女性は身長が低めで筋肉量は少なく、全体的に丸みのある体型となっています。

眠る時の姿勢は骨格や体重に左右されることから、当然、男女で睡眠姿勢に違いが出てきます。

一般的なマットレスは平均的な数値を元に商品化されているため、女性が理想的な姿勢で眠るためには、女性の体格に合ったものを選ぶ必要があります。

女性はマットレスの硬さに注意

腰痛持ちなら硬めのマットレスがよいとされますが、女性の場合は体重が軽いだけでなく、体が柔らかいことから、高反発以外の選択肢も出てきます。

基本的には柔らかめの高反発マットレスを選択することになりますが、高身長でモデル体型のような女性であれば、やや硬めの低反発マットレスも選択肢になるかもしれません。

基本的に低反発マットレスはあまりおすすめできませんが、この場合は例外的にアリになる可能性があります。

女性はポケットコイルマットレスを選択肢に

ポケットコイルマットレス

低身長の人で体重が軽ければ、低反発マットレスやポケットコイルマットレスも対象候補になるかもしれません。

スプリングタイプのボンネルコイルマットレスは、硬めの素材となっているため、自分に合っているかどうか注意して選択しなければいけません。

注意しておきたいのが寝返りのうちやすさで、女性は特に腰を大切にしなければいけないため、骨の位置を修正したり血行をよくするための寝返りが重要になってきます。

硬すぎるのも問題ですが、体が沈み込みすぎて寝返りがうちにくいといった柔らかさも問題になります。

ちょうどいい硬さの高反発マットレスが見つからない場合は、適度な反発力のあるポケットコイルマットレスも選択肢になるでしょう。

マットレスはニュートンと呼ばれる硬さを表す数値を参考に、自分の体重に合わせ一律で選択するのもよいですが、女性の場合は体格によって体重に差が出てきやすいので、店舗に足を運んで実際のマットレスに触れてみるのもよいかもしれません。

13層やすらぎマットレス:日本製極厚27cmマットレス

最大級の厚み!13層の極厚27cm!こだわり抜いた完全日本製造の高品質高反発マットレス。
プレミアムポケットコイルで寝心地抜群!
腰痛、ヘルニア持ちの方、低反発マットレスで腰を痛めている方、睡眠を大切にし、深い睡眠をしたい方、布団からマットレスに買い替えたい方に最適なマットレスです。

 

当サイトの運営者
マットレスの達人

地方都市で代々続く寝具店の跡取り息子です。高齢の父に代わり、そろそろ4代目として社長を継ぐ予定です。
ニトリやイケアなどの家具量販店の攻勢で厳しいですが、多くの方におすすめのマットレスで快眠してもらいたいと思い、このサイトを開設しました。
全日本寝具寝装品協会認定資格「睡眠環境・寝具指導士」と「マニフレックス・マスター販売員認定」を取得しています。
経済誌や健康雑誌などへの執筆多数。テレビ出演もしています。