腰痛改善を目的としたマットレスの選び方のポイント

腰痛を改善したいなら、マットレスのここをチェック

頑固な腰痛の原因は、ひとつでないことが殆どです。多くの要因が複合し合って、困難な症状を生み出してしまっているはずです。

そのため、腰痛を抑えるためには日頃の生活習慣を改める必要があります。

中でも1日で多くの時間を過ごす寝具を見直すことは最優先課題になるでしょう。

人の体重を支え、寝返りをサポートしつつ、快適な寝心地を提供するマットレスは、腰痛持ちには見逃すことができない存在です。

どれだけ優れたマットレスを選ぶかによって、疲労回復の度合いが違ってきます。

当然、翌日の腰の痛みも違ってきます。

「腰痛改善」=「自分に合ったマットレス」と言っても決して間違いではないはずです。

腰痛持ちのマットレスを選ぶ基準

腰痛解消のため、どういった条件のマットレスを選ぶかを考えてみましょう。

マットレスと言っても、体圧分散を重視した高反発マットレスもあれば、柔らかく寝心地を重視した低反発マットレスもあります。

ベッドの枠に収まるコイル系マットレスもあれば、ベッドを使わず床に直置きできる布団型のマットレスもあります。

このように、マットレスは実に様々なタイプがあるのです。

腰痛によいマットレスは高反発マットレス

一般的に腰痛改善を目指すなら「高反発マットレスがよい」と言われています。

これは間違いないことで、現在の売れ筋マットレスの多くは「高反発マットレス」です。

ただ、高反発マットレスと言ってもピンキリです。

中には寝心地が悪いマットレスがあったり、折りたたみができないなど、自室の環境によって利用しづらいといったこともあるでしょう。

また、機能のわりに明らかに高額すぎるボッタクリマットレスなどもあるので、総合的に選択することが大切です。

体圧分散機能を重視する

高反発マットレスであっても、体圧分散がしっかりしていないと、腰部分に余計な負担がかかりやすくなります。

体圧分散機能は、高額なマットレスほど優れている傾向にありますので、十分な体圧分散機能を有した商品をを選択したいところです。

エアウィーヴなど、マットレストッパーに代表されるような薄型のマットレスは、姿勢を安定しやすい反面、底付き感があるため、十分な体圧分散ができなくなる恐れがあります。

最低でも8cm以上の厚みがあるマットレスを選ぶようにしましょう。

また、あまりに硬すぎると反発力が強くなりすぎて、体圧分散が上手くできず、逆に腰痛を悪化させることにもなるため注意が必要です。

低反発マットレスはNG

低反発マットレスは柔らかく寝心地は良いですが、あまり反発力がないため、頭部や腰といった身体の重い部分に負担がかかりやすくなります。

特定の部位に負荷がかかれば、そこの血流が悪化し、疲労が蓄積していくことになります。

それが長年積み重なれば、ある日「腰痛」や「肩こり」と言った症状で現れてくることになります。

寝心地だけを優先するのではなく、マットレスとしての機能を重視して、買うべきマットレスを選択してください。

ということで、低反発マットレスは、腰痛や肩こりのある方には、あまりおすすめできません。

そのため、基本的には高反発のマットレスを中心に選ぶことになりますが、いずれにしても最適なマットレスの条件は、体型や体重によって変わってくるので、自身に合ったものを選択するようにしなければいけません。

体重別のマットレスの選び方

腰痛改善に向いている高反発マットレスと言っても、全ての商品が同じ硬さというわけではなく、寝心地や体圧分散を目的に細かい仕様に分けられています。

硬さは反発力とほぼ同義であり、反発力が体重に合っていれば体圧分散がしっかりでき、腰への負担が軽減されるようになるのです。

高反発マットレスの反発力は「ニュートン」と呼ばれる単位で表されます。

大抵の商品にはニュートンまたは「N」といった数値で表記されています。

反発力は実際に寝転んでみないとわからないことも多いですが、数値で見ることができれば商品に触れずとも選択しやすくなることは間違いありません。

ちなみに、反発力の基準は60N未満なら柔らかめで低反発並みとなっており、60~100N未満で一般的な高反発、100N以上が硬めのものとなっています。

しかし、100Nでも高反発といった印象は受けにくく、腰痛持ちの人には硬さが不足している感じがあります。

腰痛向けの商品は120~170Nで販売されているので、この範囲で選択するのが一般的です。

ただし、商品化するものは体重が80kg前後の人向けに開発されているため、体重が軽いお子様や女性、高齢の方は、ニュートンの数値を少し柔らかめにしてもいいかもしれません。100Nは体重50kg以下の人向けで、特に子どもであったり、女性にはぴったりの数値と言えます。

170N以上が体重80kg以上の人向けで、200Nを超えるとほとんど沈み込みを感じにくくなり、畳の上で寝ているような感覚になりやすいですが、硬い寝心地でないと安心できないといった人にはよいかもしれません。

また、高身長で体が細い人は高反発の効果を感じにくいこともあるので、少し柔らかめのものを選ぶよいでしょう。

女性はこの点に注意してマットレスを選んでください

人間は男性と女性で骨格や筋肉の作りが違います。これは見た目だけでもはっきりわかるものです。

女性は身長が低めで筋肉量は少なく、全体的に丸みのある体型となっています。

眠る時の姿勢は骨格や体重に左右されることから、当然、男女で睡眠姿勢に違いが出てきます。

一般的なマットレスは平均的な数値を元に商品化されているため、女性が理想的な姿勢で眠るためには、女性の体格に合ったものを選ぶ必要があります。

腰痛持ちなら硬めのマットレスがよいとされますが、女性の場合は体重が軽いだけでなく体が柔らかいことから、高反発以外の選択肢も出てきます。

基本的には柔らかめの高反発を選択することになりますが、高身長でモデル体型のような女性なら、やや硬めの低反発マットレスも選択肢になるかもしれません。

基本的に低反発マットレスはあまりおすすめできませんが、この場合は例外的にアリになる可能性があります。

また、低身長の人で体重が軽ければ、低反発マットレスやポケットコイルマットレスも対象候補になるかもしれませんが、スプリングタイプのボンネルコイルマットレスは、硬めの素材となっているため自分に合っているかどうか注意して選択しなければいけません。

注意しておきたいのが寝返りのうちやすさで、女性は特に腰を大切にしなければいけないため、骨の位置を修正したり血行を良くするための寝返りが重要になってきます。

硬すぎるのも問題ですが、体が沈み込みすぎて寝返りがうちにくいといった柔らかさも問題となるので、適度な反発力のあるマットレスを選ぶようにしましょう。

マットレスはニュートンと呼ばれる硬さを表す数値を参考に、自分の体重に合わせ一律で選択するのもよいですが、女性の場合は体格によって体重に差が出てきやすいので、店舗に足を運んで実際のマットレスに触れてみるのもよいかもしれません。