ちょっと待って!ニトリのマットレスを買っちゃうんですか!?

ニトリのマットレス

ニトリのマットレスは問題が多い?

比較的低価格帯の家具や寝具を豊富取り揃えることで人気になっているニトリですが、マットレスについてはやや問題があるという声が散見されるのも事実です。

マットレスの価格には理由があります。

高いマットレスには高いだけの理由があるように、安いマットレスにも安い理由があるのです。

マットレスは健康に直結する

マットレスは、毎日平均7時間も体に密着する商品で、しかも一度買えば10年程度は使い続けます。

しかも、睡眠は健康に直結します。

粗悪品のマットレスでは熟睡が難しくなります。

また、自分に合わないマットレスで寝続ければ、長い時間をかけて少しずつ腰痛や肩こりを発生させてしまうことがあるのです。

つまり、マットレスが不眠や病気の原因を作ってしまうということなのです。

一度、健康を害してしまえば、元に戻すのは大変です。

健康はお金で買えないのです。

マットレスが健康被害の原因になることを直視しつつ、「安さ」を売りにしたマットレスの本当の価値を考えるべきでしょう。

ニトリのマットレスの種類

大規模量販店のニトリでは、多様なマットレスが売られています。

大別すると「コイル系マットレス」に属するポケットコイルマットレス、ボンネルコイルマットレス。

そして、「ノンコイルマットレス」に属する低反発ウレタンマットレス、高反発ウレタンマットレスになるでしょう。

中でも多く売られているのが「コイル系のマットレス」で、全体の70%程度になります。

残りの30%程度がウレタンフォームを使用した「ノンコイルマットレス」です。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレス

ニトリのポケットコイルマットレスは、人気商品の「Nスリープ」を中心とした商品展開です。

約30商品と品揃えも豊富なので、硬さやスプリングの数など、選択の幅も広いのが特徴。

価格は8,000円から150,000円と幅がありますが、低価格の商品はあまりおすすめできません。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスは、機能性が低く、あまり熟睡できないので、そもそも需要がありません。

ニトリでも数商品しか展開されていません。

価格は5,000円くらいから、20,000円弱までと低価格です。

低反発マットレス

低反発マットレス

低反発マットレスは、売れ筋マットレスではないので、ニトリでも展開している商品数は少なめです。

価格は6,000円から30,000円弱ですが、どれもあまりおすすめできません。

高反発マットレス

高反発マットレス

人気売れ筋マットレスの高反発タイプは、比較的多くの商品展開があります。

特に室内を広く使える「三つ折りタイプ」「六つ折りタイプ」も複数売られているので、ワンルームマンションなどでの一人暮らしには最適でしょう。

価格は5,000円弱から15,000円程度とかなりリーズナブルですが、この価格帯の高反発マットレスは、あまり品質のよくないウレタン素材を使っている懸念があるので、あまりおすすめできません。

 

ニトリのマットレスの価格

コイル系マットレス

メインで売られているコイル系マットレスは1万円を切るものもあります。

1万円以下は驚きの価格と言ってもいいかもしれません。

コイル(スプリング)が1000個近く使われている商品であっても、3万5000円から6万円の間で売られているので、価格に関しては確かに他社の類似商品より安いと言えるでしょう。

このあたりは、さすがに国内NO1の家具量販店です。

しかし、同価格帯でマットレス専門メーカーのコイルマットレスが買えるのも事実。

価格を優先し、ニトリを第一候補にするのではなく、シーリーやシモンズなどの世界的マットレスブランドのコイルマットレスも比較検討することをおすすめします。

ノンコイルマットレス

一般に「低反発マットレス」「高反発マットレス」と呼ばれ、広く親しまれているのが「ノンコイル系」のマットレスです。

敷き布団で眠っている方でも、その上に薄手のノンコイルマットレスを置けばクッション性が高まるので、快眠できる可能性が高まります。

いわゆる「マットレストッパー」としての使用です。

腰痛持ちの方や不眠症に悩んでいる方などにとって便利なアイテムで、低価格で販売されている商品も多いので気軽に購入できるメリットもあります。

実際に低価格でノンコイルマットレスを販売している会社のひとつが「ニトリ」です。

低価格高品質を公式にアナウンスしており、実際にシングルタイプの安めのマットレスなら数千円で購入できるようになっています。

ただ、あまりに安いので、正直、機能面が不安になります。

ウレタンマットレスは、30,000円程度の商品がおすすめです。

 

ニトリのマットレスの生産国

ニトリのマットレスの生産国

この価格の安さには裏があります。

ニトリのマットレスは国産ではなく、外国産なのです。

しかも、ニトリの製品は中国製やベトナム製といった東南アジアで作られたもので大半が占められています。

特にマットレスに関して言えば、ベトナム製などが8割を超えるものと捉えておいてください。

人件費を抑えていることで低価格化を実現させていますが、同時にメイドインジャパンの製品に比べると耐久性や品質そのものに問題があるのも事実です。

これを踏まえると、ニトリが謳う「高品質」は、あまり信頼できないという意見もあるようです。

ネット内の評判でも、信頼性の低い生産国が購入のネックになっているという声が散見されます。

マットレスで日本製だと宣伝されているものでも、組み立てを日本で行っただけで、製造の大半が中国かベトナムで行われているものもあるので、その謳い文句は鵜呑みにはできないかもしれません。

この点は注意が必要になります。

 

ニトリのマットレスは腰痛によいのか

ニトリのマットレスは腰痛によい

ニトリのマットレスは腰痛に効果があるのでしょうか。

腰痛によいと言われている高反発マットレスを中心に、ニトリのマットレスが検討に値するかをネットの口コミや評判などから調査してみました。

結論から言うと、残念ながら「あまりおすすめできない」という印象です。

数々の口コミによれば、腰痛改善を全面に打ち出しているわけではなく、これと言った特徴はないように感じました。

とはいえ、ニトリの高反発マットレスでも満足されている方もいるようなので、絶対にダメとは言い切れません。

ニトリのマットレスでも快眠が得られることもあります。

ただ、腰痛改善を全面に打ち出しているわけではないので、果たして腰痛に効果があるのか・・・という疑問は解消できませんでした。

そのため、腰痛持ちの方が買おう!という気持ちになるかは微妙かもしれません。

やはり、腰痛の改善を目的にするのであれば、その機能をしっかり打ち出しているマットレスの方がベターだと思われます。

 

ニトリのマットレスの口コミと評判

ニトリのマットレスの口コミと評判

ニトリの口コミ・評判はネガティブ?

ニトリのマットレスを実際に購入して使用している消費者の口コミや商品ごとのレビューはどのようになっているのでしょうか。

おおよそポジティブな評判が3割で、ネガティブな評判が7割といった意見がネット上に投稿されています。

ポジティブな声は「値段が安かった」という価格関連が最も多く、ネガティブな声は「購入して数ヶ月ですぐに壊れてしまった」「以前使っていたマットレスにはなかったギシギシという異音がする」「そもそもあまり品質がよくないし、寝心地も悪い」などといった不満の意見が多くなっています。

本当に優れた品質の商品を厳選して販売しているマットレスメーカーの場合、購入商品の満足度が30パーセント程度であることなど、まず考えられないので、ニトリのマットレスは値段が安い分、満足度も劣るのかもしれません。

ニトリのマットレスのポジティブな口コミ・評判

もちろん「睡眠が快適になった」「腰への負担が和らいだ」といった購入してよかったという口コミもあります。

大手家具・寝具メーカーだけあって、最低限の品質は維持されているので、楽天などで売られている生産国さえ不明の怪しいマットレスとは、評価がまったく違います。

また、10万円近くする比較的高額なマットレスは高評価ですが、数千円から2万5000円で買える低価格な商品ほどネガティブな評価が集まっているといった傾向があるようです。

クレーム発生率や耐久性の低さは値段に比例することが口コミからは見て取れます。

ニトリのマットレスは硬い?

口コミで多かった意見が、硬めや柔らかめといったマットレスの感触についての記述をあまり信じないほうがいいといった声です。

ニトリが柔らかめだと宣伝していても、実際にはかなり硬かったという意見が多いようです。

マットレスの硬さは主観であり、また好みがあるので、ネットの口コミや評判からでは把握しきれないでしょう。

 

ニトリのマットレスは買ってはいけないのか

ニトリのマットレスは買ってはいけないのか

価格重視ならニトリのマットレスは買い

「ニトリのマットレスは、やはり買わないほうがいいのか??」との問いへの回答は、「財布との相談」と言えるでしょう。

低品質な海外産でもいいので、とにかく安いマットレスが欲しい方からすると、お手頃な商品が多いと感じるはずなので、悪くない選択肢になるでしょう。

品質重視ならニトリのマットレスは見送り

コストパフォーマンスではなく、品質にこだわりたいと考えている方にとっては、手を出さないほうが無難だとイメージしておいてください。

一定期間の品質保証も組み立てから設置までの無料サービスもついてきますが、10万円を超えるようなマットレスは国産および一流ブランドがおすすめです。

長い目で見れば、信頼性と耐久性を優先した方がお得でしょう。

ニトリの製品が全て粗悪なものとは言いません。

実際、耐久性にもコストパフォーマンスにも優れた家具や寝具などをニトリでは販売しています。

そうでなければ、あれだけの売上を上げ、急成長はできていないはずです。

しかし、マットレスに関して言えばベトナム製などが多いことと、口コミでの評価が必ずしもポジティブでないことを吟味した上で購入の決定を行う必要があるでしょう。

一流ブランドのマットレスがおすすめ

同程度の価格帯でより高品質なアメリカ製やイタリア製のマットレスを売っている会社や販売店も探せば確実に見つかります。

型落ちでも構わないのであれば、国産の一流ブランドのマットレスをを見つけることも難しくはありません。

マットレスは、毎年のように買い換える商品ではないので、最初から8年~10年でも継続的に利用できそうな、おすすめマットレスブランドの製品を選ぶべきです。

ニトリのマットレスの返品保証

予算的にニトリのマットレスを候補にする場合、2週間の返品期間が設けられることを頭に入れておくといいでしょう。

実際にニトリのマットレスを使ってみて満足に眠れなかった場合などに、購入後14日以内であれば返品することが可能になっています。

返品のときにはレシートとメンバーズカード、そして返すマットレス自体を持参しなければならなので、ご注意ください。