マットレスの平均的な厚さ|標準は何センチ?【へたらない厚みの選び方】

マットレスの厚さ

マットレスの平均的な厚み

マットレスの平均的な厚みをご存知でしょうか。

正解は「マットレスの厚みに標準はない」です。

用途やニーズにより、理想的なマットレスの厚みは異なるからです。

マットレスは種類も豊富。

コイルマットレスとウレタンマットレスでは、構造が違うので、当然厚みも異なります。

具体的に、薄いマットレスは3cm程度。

これはマットレストッパーと呼ばれるジャンルで、マットレスの上に敷くタイプです。

厚いマットレスでは35cm以上のものがあります。

これは高級なコイルマットレスです。

これだけの選択肢があるだけに、どうやって理想の厚みを選べばよいのかと悩む人が多いのです。

 

マットレスの厚さは用途で選ぶ

マットレスの厚さは用途で選ぶ

マットレスの厚みを選ぶ際に重要なのは「用途」です。

使用するシーンやマットレスへのニーズを考え、最適な厚さを選ぶようにしましょう。

快適な寝心地を望むなら、厚めのマットレスがおすすめ。

今、使っている敷き布団やマットレスの寝心地を調整したければ、薄めのトッパーが最適です。

用途おすすめの厚さ特徴
ベッドマットレスとして使う
最高の寝心地を追求
30cm~最高級コイルマットレス
29cm~25cm高級コイルマットレス
24cm~20cm高級コイルマットレス
寝心地を重視19cm~15cm高級コイルマットレス
高反発ウレタンマットレス
体圧分散を重視14cm~10cm高反発ウレタンマットレス
床に直接敷く9cm~6cm三つ折りマットレス
低反発マットレス
トッパーとして使う5cm~マットレストッパー

 

厚さ30cm以上のマットレスの選び方

厚さ30cm以上のマットレス

おすすめの厚さ30cmマットレス

厚さ30cmのマットレスがおすすめな方

■最高級の寝心地を追求したい方
■予算に余裕がある方
■寝室を豪華にしたい方
■ベッドフレームを置ける室内の広さがある方
■重量を気にしない方
■布団クリーナーなどでのメンテンスができる方

 

厚さは30cm以上は、マットレスの中でも最大級の厚みを誇ります。

それだけに高額になりますが、最高級の寝心地が実現できます。

「シモンズ」「シーリー」「サータ」のような、高級ポケットコイルマットレスがここに属します。

厚さ30cmの特徴と用途

厚さ30cm以上のマットレスは総じて高額になります。

最低でも10万円〜20万円で、オーダーメイドで注文するともっと高額になります。

世界的な高級ブランドのポケットコイルマットレスは、高品質なスプリングとウレタンを使用しているので、自然と厚みが出てしまうのです。

厚さ30cm以上のマットレスは重いので、動かすことを想定していません。

あくまで、ベッドフレームとの併用を前提に作られています。

簡単には干せないので、布団クリーナーなどを使って、ダニ対策をしなければいけません。

また、見た目が豪華になることから、室内のインテリアとしての役割もあります。

厚みは寝心地のよさに直結します。

厚さ30cm以上のポケットコイルマットレスであれば、抜群の寝心地であることは間違いないでしょう。

 

厚さ29cm〜25cmのマットレスの選び方

厚さ29cm〜25cmのマットレス

おすすめの厚さ29cm〜25cmのマットレス

厚さ29cm~25cmのマットレスがおすすめな方

■予算10万円前後と資金に余裕の方
■寝心地がよく上質なベッドマットレスが欲しい方
■一流ブランドのマットレスで寝たい方
■ベッドフレームを置ける室内の広さがある方
■重量を気にしない方
■布団クリーナーなどでのメンテンスができる方

 

厚さ29cm〜25cmのマットレスは、比較的厚めの部類に属します。

厚みがあるだけに、高級マットレスが多く、価格は10万円前後が中心です。

ポケットコイルマットレスに多い厚さになります。

「シモンズ」「シーリー」「サータ」などの一流ブランドマットレスの中でも、中上級のランクです。

特徴と用途

「シモンズ」「サータ」「シーリー」の中上級モデルだけでなく、その他マットレスメーカーの中でも品質のよいポケットコイルマットレスはこの価格帯になる場合が多いようです。

29cm〜25cmと十分な厚みがあるので、使用しているスプリングやウレタンの品質は悪くありません。

それだけに、決して安くはありません。

10万円を超える高級マットレスもラインナップされていますが、5~8万円くらいのマットレスも販売されています。

ポケットコイルマットレスやボンネルコイルマットレスがほとんどで、ウレタン系マットレスで、この厚さは皆無です。

ベッドフレームでの使用を想定して作られているので、室内空間に余裕がなければ購入できないでしょう。

13層やすらぎマットレス:日本製極厚27cmマットレス

最大級の厚み!13層の極厚27cm!こだわり抜いた完全日本製造の高品質高反発マットレス。
プレミアムポケットコイルで寝心地抜群!
腰痛、ヘルニア持ちの方、低反発マットレスで腰を痛めている方、睡眠を大切にし、深い睡眠をしたい方、布団からマットレスに買い替えたい方に最適なマットレスです。

 

厚さ24cm〜20cmのマットレスの選び方

厚さ24cm〜20cmのマットレス

おすすめの厚さ24cm〜20cmのマットレス

厚さ24cm~20cmのマットレスがおすすめな方

■予算3万円~8万円程度を想定している方
■ベッドフレームの使用を前提にしている方
■ブランドを気にしない方

 

厚さ24cm〜20cmのマットレスは、最も商品数が多い、ボリュームゾーンの一部です。

それだけに選択肢が広がります。

10万円前後のポケットコイルマットレスに、5万円前後のボンネルコイルマットレスなどが中心です。

一流ブランドの低価格帯マットレスもあれば、ニトリやイケアなどの家具量販店のマットレスも対象になります。

比較的軽量なので、移動することも可能です。

定期的に室内で陰干しをすれば、マットレスの寿命を延ばすことができるでしょう。

特徴・用途

ポケットコイルマットレスで有名なシモンズ、シーリーなどの低価格帯マットレスや、ボンネルコイルマットレスで有名なフランスベッドの商品などがこの厚みになります。

また、ニトリなどもこの厚みのマットレスを拡充しています。

価格もお手頃な上、寝心地も悪くないので、おすすめの厚さです。

しかし、24cm〜20cmの厚さがあると、それなりの重量になるので、直置きは難しいかもしれません。

あくまでベッドフレームでの使用を前提にした方がいいでしょう。

 

厚さ19cm〜15cmマットレスの選び方

厚さ19cm〜15cmマットレス

おすすめの厚さ19cm〜15cmのマットレス

厚さ19cm~15cmのマットレスがおすすめな方

■高品質なウレタンマットレスを検討している方
■寝心地を重視する方
■底づき感を避けたい方
■腰痛や肩こりを改善したい方
■直置きで使いたい方
■ベッドマットレスとして使いたい方

 

厚さ19cm〜15cmのマットレスは「高品質なウレタンマットレス」や「薄めのコイルマットレス」が多いでしょう。

ウレタンマットレスとしては、最大級の厚みなので、寝心地は間違いありません。

コイルマットレスとしては、最低限の厚さなので、寝心地よりも価格を重視する方におすすめです。

特徴・用途

厚さ19cm〜15cmは、コイルマットレスと高反発ウレタンマットレスが両立する分野です。

価格もピンきりなので、かなり選択肢は広がります。

コイルマットレスとしては薄めなので、多少程度は落ちるかもしれませんが、その分価格は安くなるので、お買い得感はあるでしょう。

高反発ウレタンマットレスの中では最上位の厚みです。

人気マットレスの「雲のやすらぎ」がここに属しますが、底つき感は一切なく寝心地は最高です。

19cm〜15cmの厚みがあれば、床に直置きでも、ベッドマットレスとしても使用できます。

使い方のバリエーションも豊富なので、値段(コスパ)を考えながら、自分に合ったマットレスを探してみてください。

雲のやすらぎ

テレビ局各社で大絶賛!雑誌でも特集が組まれ、全国の利用者から満足度の高いクチコミが集まる注目度抜群のマットレスです。
「雲のやすらぎ」がこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。
腰痛で悩んでいる方、朝起きると腰が痛くなってしまう方、低反発マットレスが合っていないと感じる方などに最適です。

【商品の特徴】
■安心の日本製
■体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
■優れた体圧分散機能で腰痛の方でも安心
■厚さ脅威の17cmと極厚ふんわりボリューム
■最高級ロレーヌダウン仕様で冬は温かい
■リバーシブルで春夏は通気性抜群で涼しい
■SEKマーク取得!防ダニ・抗菌、防臭効果

 

厚さ14cm〜10cmのマットレスの選び方

厚さ14cm〜10cmのマットレス

おすすめの厚さ14cm〜10cmのマットレス

厚さ14cm~10cmのマットレスがおすすめな方

■機能性マットレスを探している方
■腰痛や肩こりを改善したい方
■床に直置きできるウレタンマットレスを検討している方
■三つ折りマットレスを探している方
■すのこベッドでの利用を考えている方

 

厚さ14cm〜10cmになると、スプリングが収まらないため、コイルマットレスは存在しません。

中心は高反発ウレタンマットレスと低反発ウレタンマットレスです。

ファイバーマットレスもこの厚みが多いでしょう。

軽量で持ち運びが容易。

フローリングや畳に直接敷いて使うこともできる上に、ベッドマットレスになる。

非常に利便性の高いマットレスが多い分野です。

特徴・用途

厚さ14cm〜10cmは、ウレタンマットレスの平均的な厚さなので、選べるマットレスが豊富です。

14cm〜10cmの厚みがあれば、底つき感はないので、単体で使っても寝心地は全く問題ないレベルでしょう。

もちろん、ベッドフレームと一緒に使っても問題ありません。

有名どころだと「モットン」「マニフレックス」などのメーカーが該当します。

また、西川やエアウィーヴなども、この厚みのマットレスを出しています。

エムリリー優反発シリーズ

「マンチェスターユナイテッド」の公式マットレス&ピロー・パートナーとしてイギリス、フランス、ドイツ、アメリカなど、世界16カ国で販売されています。
通常のマットレスだけではなく、トッパーや三つ折りタイプ(日本特別仕様)というラインナップです。
どのタイプも柔らかさと弾力性を両立した新素材「優反発」を採用し、理想的な寝姿勢を実現しています。
特殊二層構造の上層部である優反発フォームは、まるで低反発のような柔らかさがありながら、高い通気性と反発力を実現し、スムーズな寝返りや起き上がりをサポートしてくれます。
また、下層部の高反発が沈み込みすぎないよう持ち上げ理想的な寝姿勢を保ちます。
腰痛や肩こりに悩む方におすすめのマットレスです。

まるで無重力の快眠マットレス【オクタスプリング】

『オクタスプリング』は、美容・健康の総合企業「ヤーマン」が開発したマットレスです。
マットレス開発の権威であるウィリー・ポッペ氏が監修した、スプリング形状による通気性とウレタンフォームのサポート力を同時に実現する全く新しいマットレスとして人気を博しています。
その品質が高く評価され、イタリアの5つ星ホテル「アルピナホテル」全室で採用されています。
高齢者やスポーツをやられている方、デスクワークの方、お子様にも最適です。
腰痛、快眠、安眠を希求する方にオススメのマットレスだと言えるでしょう。

東京西川Air

三浦知良選手や田中将大投手、羽生結弦選手など、多くのトップアスリートも愛用する西川AiRシリーズです。
上層部の凹凸で体圧を分散します。
多数の点で身体を支えるためフィット感に優れ、体圧分散機能により睡眠中の血行障害を緩和するので筋肉や靭帯の疲労を回復させます。
3層構造のでそれぞれの硬さを変えており、硬めのベース部分が体をしっかり受け止め、理想的な寝姿勢をキープします。

 

厚さ9cm〜6cmのマットレスの選び方

厚さ9cm〜6cmのマットレス

おすすめの厚さ9cm〜6cmのマットレス

厚さ9cm~6cmのマットレスがおすすめな方

■三つ折りマットレスを探している方
■軽量なマットレスを検討している方
■マットレスを持ち運びたい方
■マットレストッパーとして使用する方
■室内空間を有効活用したい方

 

厚さ9cm〜6cmは、一枚で使えるウレタンマットレスの最低限の厚さですが、低品質のウレタン素材を使用している場合は、底づき感が出てしまうことがあります。

薄手の三つ折りマットレスは、この厚みが多いので、いろいろな選択肢が出てくるでしょう。

また、マットレストッパーとしても使用できるので、利便性は高いと言えます。

特徴・用途

フローリングや畳に直接敷く場合、人によっては若干底つき感を感じる厚さです。

特に低価格な三つ折りマットレスは、総じてウレタンの品質が悪いので、あまりおすすめできません。

マニフレックスやエアウィーヴなど、一流ブランドのマットレスであれば、高品質のウレタン素材を使用しているので、底づき感はないでしょう。

比較的薄いので、軽量です。

持ち運びが容易なので、一人暮らしの方は起床時にマットレスをしまうことができます。

室内を広く使いたい方にはおすすめです。

エアウィーヴ マットレス スマートZ

知名度抜群のエアウィーヴの厚さ9cmで床でも畳でも1枚敷きできる三つ折りマットレスが「スマートZ」です。
簡単に三つ折りできるので、収納が楽で部屋を広く使えます。
普段のお手入れも容易です。縦置きにして通気させるだけでカビの予防ができますし、カバーも中材も洗えるので常に衛生的です。
頭、腰、足部分の三分割になっており、中材の入れ替えが可能なので、ヘタりを防止でき、マットレスの寿命を長くすることができます。

アイリスオーヤマ エアリーマットレス エクストラ

大好評のアイリスオーヤマのマットレス「エアリーシリーズ」より、さらに進化したのが【エアリーマットレスエクストラ】です。
リブ構造で芯材の中身が空洞の特殊加工をしたエアロキューブの機能で、体圧分散性と通気性がさらにUPしました。
製品体積の約95%が空気でできているため、軽量で持ち運びも簡単。雲に浮いているような寝心地で自然な寝姿勢を保ってくれます。
3次元スプリング構造で、腰痛や肩こりにも効果があります。

 

厚さ5cm以下のマットレスの選び方

厚さ5cm以下のマットレス

おすすめの厚さ5cm~のマットレス

厚さ5cm~のマットレスがおすすめな方

■軽量なマットレスを検討している方
■マットレスを持ち運びたい方
■マットレストッパーとして使用する方

 

厚さ5cm以下のマットレスは単体で使用するには不向きです。

薄すぎるため間違いなく底づき感があります。

基本的にマットレストッパーとしての使用がおすすめです。

軽量で丸めることができるので、持ち運びは簡単。

キャンプや車中泊、仮眠用などに最適です。

特徴・用途

厚さ5cm以下のマットレスは、マットレスとして最薄の分野です。

マットレストッパーに限定して使用してください。

マットレストッパーは、既存のマットレスや敷き布団の上に敷いて寝心地を改善させるために使います。

今お使いのマットレスや敷き布団で腰痛になっている方は、マットレストッパーを使うことで寝心地が改善され、腰痛が緩和するかもしれません。