マットレスサイズ一覧表|シングル・セミダブル・ダブルおすすめの選び方

マットレスサイズ

マットレスサイズの選び方

マットレスのサイズが合わない

マットレスを選ぶ際、決めなければいけないのが「サイズ」です。

「一人暮らしだからシングル」「夫婦二人だからダブル」と決めつけるのは失敗の元。

実際にマットレスが届き、寝てみたら「思ったより小さい」「イメージより狭かった」ということになりがちなのです。

マットレス購入で後悔しないためにも、マットレスのサイズをもう少し真剣に検討すべきなのです。

マットレスは大きめのサイズを選ぶ

広めの幅がおすすめ

快眠の秘訣は「少し幅の広いマットレスを選ぶ」ことです。

一般に体の左右に15cmずつの余裕が理想とされていますが、これにプラスアルファがあると寝相を気にすることなく寝られますし、寝返りも余裕でできるようになります。

マットレスの幅の科学的証明

木暮貴政氏と白川修一郎氏の論文によれば「78cm幅のマットレスと100cm 幅のマットスでは睡眠に及ぼ影響は顕著ではないが明らかに異なっていた」とされています。

そして「78cmより最も幅の広い100cmのほうが良好な睡眠が得られることが明らかとなった」と結論づけているのです。

長さも選べる

マットレスの幅も重要ですが、長さも忘れてはいけません。

一般的なベッドの長さは、195cm前後で統一されていますが、190cm以下のショートサイズや200cm超えのロングサイズなども展開されています。

身長が高い方は、ロングサイズであれば、足がマットレスからはみ出ることがないので、ゆったりと寝られるでしょう。

マットレスの幅は少し広め、長さも長めがいい。

これを覚えておいてください。

メーカーによって寸法が違う

マットレスはメーカーによって多少大きさが異なるので、単純にサイズだけを鵜呑みにしてしまうと、ベッドフレームに入らないケースなどもあるのです。

正確な大きさを把握した上で、本当のニーズに合ったマットレスサイズを選びましょう。

 

メーカー別のマットレスサイズ

メーカー別のマットレスサイズ

縦横のサイズを確認すること

マットレスサイズは、メーカーによって若干異なります。

多くのマットレスの縦の長さは「195cm」ですが、一部のメーカーは「200cm」です。

さらに、横幅はメーカー毎に違いがあります。

ベッドフレームを流用する場合などは、数センチの違いにより、きれいに収まらなくなるケースがあります。

せっかく買ったマットレスを返品しなければならなくなる前に、正確な寸法を確認しておきましょう。

マットレスサイズ一覧表

 マットレス名サイズ
(cm)

(cm)
雲のやすらぎ  シングル200100
セミダブル200120
ダブル200140
クイーン
キング

モットン

シングル19597
セミダブル195120
ダブル195140
クイーン
キング
マニフレックス
 
シングル195100
セミダブル195120
ダブル195140
クイーン195160
キング
シーリーシングル 195 97
セミダブル 195 121
ダブル 195 141
クイーン 195 153
キング - -
シモンズシングル19597
セミダブル195120
ダブル195140
クイーン195152
キング195180
サータ
 
シングル19697
セミダブル196122
ダブル196139
クイーン196150
キング196180
コアラ・マットレス
 
シングル19597
セミダブル195120
ダブル195140
クイーン195170
キング

オクタスプリング
 

シングル19397
セミダブル193120
ダブル193140
クイーン
キング
エムリリー
 
シングル19597
セミダブル195120
ダブル195140
クイーン
キング
フランスベッド
 
シングル 195 97
セミダブル 195 122
ダブル 195 140 
クイーン 195 170
キング 195 194
アイリスオーヤマシングル  195 97
セミダブル  195 117
ダブル  195 195
クイーン - -
キング - -
トゥルースリーパーシングル19597
セミダブル195120
ダブル195140
クイーン195160
キング
テンピュールシングル19597
セミダブル195120
ダブル195140
クイーン195160
キング
ニトリシングル19797
セミダブル197120
ダブル197140
クイーン197170
キング
イケアシングル20090
セミダブル200120
ダブル200140
クイーン200160
キング
無印良品シングル19597
セミダブル195120
ダブル195140
クイーン195160
キング
エアウィーヴシングル195100
セミダブル195120
ダブル195140
クイーン195160
キング195180
東京西川
 
シングル19597
セミダブル195120
ダブル195140
クイーン
キング

 

人数に適したサイズ選ぶ

マットレスサイズを選ぶ方法のひとつは「寝る人数」を基準にするやり方です。

そのマットレスに寝る人数に従ってマットレスサイズを絞れば、自ずと買うべきマットレスが見えてくるはずです。

一人用サイズ

シングルサイズ

シングルサイズ

セミダブルサイズ

セミダブルサイズ

一人暮らしをしている方、家族で暮らしていても、各自がバラバラに寝る方は「シングルサイズ」か「セミダブルサイズ」がおすすめです。

一般的なシングルサイズの寸法は「縦195cm」×「横98cm」なので、一般成人男性までの体格であれば、シングルサイズでも問題なく寝られるでしょう。

しかし、余裕のある幅ではありません。

寝返りの際は少し狭さを感じるかもしれません。

大柄の男性や余裕で寝返りがしたい方は「セミダブルサイズ」を選択するといいでしょう。

一般的なセミダブルサイズの寸法は「縦195cm」×「横120cm」です。

シングルサイズに比べ、横幅が約20cmも広くなっていますが、この差はかなり大きいと言えます。

横になった瞬間「すごい広い」と思うくらいの違いがあります。

室内のスペースに余裕があるなら、セミダブルサイズがおすすめです。

二人用サイズ

ダブルサイズ

ダブルサイズ

クイーンサイズ

クイーンサイズ

ひとつのマットレスに二人で寝る場合は「ダブルサイズ」「クイーンサイズ」がおすすめです。

セミダブルでも寝られないことはありませんが、やはり少し狭さを感じるでしょう。

一般的なダブルサイズの寸法は「縦195cm」×「横140cm」です。

シングルサイズと比べて横幅は約40cm、セミダブルサイズに比べて約20cmも広くなっているので、二人寝でも窮屈さを感じることはないでしょう。

とはいえ、二人寝の場合、相手の寝相次第で寝心地は変わってきます。

余裕を持って寝たい人は、「縦195cm」×「横160cm」の「クイーンサイズ」がおすすめです。

三人用(夫婦+子供1人)サイズ

キングサイズ

キングサイズ

夫婦二人と子供一人で寝る場合は「キングサイズ」がおすすめです。

キングサイズは「縦195cm」×「横180cm」と十分な幅があり、三人寝でも問題ありません。

子供が4歳くらいまでなら一緒に利用できるはずです。

クイーンサイズは基本的に二人寝用なので、三人寝の場合はさすがに狭さを感じるでしょう。

但し、キングサイズで三人寝をする場合、注意すべきは「おねしょ」です。

せっかく高級なキングサイズマットレスを買っても、おねしょによって使い物にならなくなるケースがあります。

敷きパッドなどを併用し、おねしょからマットレスを守ってください。

 

四人用(夫婦+子供2人)サイズ

シングルサイズ

シングルサイズ

セミダブルサイズ

セミダブルサイズ

夫婦二人と子供二人の場合、キングサイズでも狭さを感じるでしょう。

キングサイズ以上のマットレスは特注になるので、シングルサイズをふたつ、もしくはセミダブルサイズをふたつ並べて使うことで対応しましょう。

但し、この場合は、マットレスのつなぎ目対策が必要になります。

マットレスのつなぎ目に子供が落ちてしまわないように「すきまパッド」を使うことをおすすめします。

 

部屋の大きさに適したサイズを選ぶ

マットレスサイズを選ぶ場合、「部屋の広さ」を基準にするやり方もあります。

どんなに気に入ったマットレスでも、まずは部屋に入ること。

そして、部屋を使う上で邪魔にならないことが条件になるはずです。

あまり大きいマットレスを選んでしまうと、マットレスが部屋を占領してしまうことになります。

4畳半に適したマットレスサイズ

4畳半に適したマットレスサイズ

4畳半を平米数に換算すると、4.5×1.62=7.29平米(約2.7m×2.7m)となります。

ワンルームマンションなど、4畳半の部屋の場合は「シングルサイズ」が現実的な選択肢になるでしょう。

特にウォークインクローゼットなどの収納スペースがある場合には、デッドスペースも考える必要があるため、あまり大きなマットレスは現実的ではないかもしれません。

また、ベッドフレームの利用ではなく、折りたたみマットレスで室内スペースを有効利用することがおすすめ。

ベッドを使うにしても、二段ベッドにして上段を物置に使ったり、下が収納になっているベッドフレームを使うなどして、室内空間を有効活用しましょう。

これだけでも見違えるように収納スペースが増えます。

6畳に適したマットレスサイズ

6畳に適したマットレスサイズ

6畳を平米数に換算すると「6×1.62=9.72平米(約3.5m×2.77m)」です。

広めワンルームマンションなど、6畳で寝る場合は「シングルサイズ」か「セミダブルサイズ」がおすすめです。

6畳であれば、シングルサイズ、セミダブルサイズのどちらのマットレスを置いても、空間的余裕があるはずです。

寝るだけであれば「シングルサイズ」、余裕を持って気持ちよく寝たいのであれば「セミダブルサイズ」がいいでしょう。

また、6畳の場合も、折りたたみマットレスの選択が有効です。

起床後、マットレスをクローゼットや押し入れにしまえば、室内空間を広く使えます。

さらに、ソファーマットレスであれば、マットレスとソファーの使い分けができるので、シーンに合わせた選択ができ大変便利です。

8畳に適したマットレスサイズ

8畳に適したマットレスサイズ

8畳を平米数に換算すると「8×1.62=12.96平米(約3.6m×3.6m)」です。

8畳の部屋に1人で寝る場合は「セミダブルサイズ」や「ダブルサイズ」がおすすめです。

8畳であれば空間に余裕があるため、ベッドフレームを置くことも選択肢に入るでしょう。

8畳に2人で寝る場合は「クイーンサイズ」も視野に入ります。

室内に余裕があれば、ゆったりと寝られる睡眠環境を作ってみてください。

10畳以上に適したマットレスサイズ

>10畳以上に適したマットレスサイズ

10畳を平米数に換算すると「10×1.62=16.2平米(約4.6m×3.52m)」です。

10畳以上の広い部屋に一人暮らしなら、制約はないので「キングサイズ」までが選択肢になります。

但し、ベッドフレームを設置すると、使えるスペースはかなり限定的になります。

特にカップルで同棲をする場合などは、荷物も増えることから、クイーンサイズが現実的な選択かもしれません。

 

オーダーで自由なサイズを

オーダーメイドマットレス

多くの方はシングルサイズからキングサイズのマットレスでニーズを満たせるはずですが、高身長の方は体重が重い方の場合、オーダーメイドで自分の希望のサイズのマットレスを作ることができます。

マットレス専用メーカーの一部では、オーダーメイドに対応してくれます。

既製品ではないので、当然高額になりますが、縦横のサイズだけではなく、厚みや使用する素材などを細かく指示することができ、理想のマットレスに仕上げてくれるのです。

但し、オーダーメイドを受付けているのは、その多くが海外メーカーです。

注文後、海外の工場で生産し、船便で送られてくることが多いので、数ヶ月の期間を要することになるでしょう。

また、費用は高額になります。

最高級のオーダーメイドマットレスは、数百万円と自動車が買えるくらいの金額になります。

もし時間とお金に余裕があるのであれば、オーダーメイドマットレスを検討してみてください。