マットレストッパーはいらない?【トッパーだけで寝るのはNG】

マットレストッパー

マットレストッパーとは

ここ数年、最も人気のあり、売れているマットレスのひとつが「トッパー」です。

トッパーとはあまり聞き慣れない名前かもしれませんが、「エアウィーヴ」と聞けばイメージできるのではないでしょうか。

マットレスの上(トップ)に追加でもう一枚敷く用途のマットレス。

だから「トッパー」なのです。

使用中のマットレスや敷き布団の上に、もう一枚薄いマットレスを敷いて寝心地を変えたり、反発力の強いトッパーを加えることで、腰痛改善などを期待するというわけです。

比較的安価に睡眠環境を改善できることから、爆発的な人気になりました。

 

マットレストッパーの用途

マットレストッパーの用途

マットレストッパーで寝心地を改善

マットレストッパーとは、主に4cm〜7cm程度の薄型のマットレスを指します。

マットレストッパーを追加することで、現在使用中のマットレスや敷き布団の寝心地を改善することができます。

柔らかすぎて腰が沈み込む寝姿勢になっている場合、マットレストッパーを使うことで、正しい寝姿勢を維持できるようになるのです。

使用中のマットレスを買い換えずに済むことから、気軽な対応が可能になり、金銭的負担を減らすことができるのです。

但し、マットレストッパーを単体で使用し、マットレス代わりにすることはおすすめできません。

マットレストッパーは薄いので、単体で使った場合、確実に底づき感が出ます。

腰痛や肩こりの原因になるので、マットレストッパー単体での使用は避けてください。

マットレストッパーは、あくまで使用中のマットレスや敷き布団の上に敷くもの。

現在の睡眠環境を改善するための使い方に限定してください。

マットレストッパーで通気性を向上

マットレストッパーは通気性の向上にも貢献します。

畳に直接敷き、湿気の逃げ場がない状態の敷き布団の上に、通気性のよいマットレストッパーを敷けば、睡眠中でも空気が循環でき、敷き布団の湿気も放出できるようになるのです。

これにより、カビやダニの発生を抑えられ、マットレスや敷き布団の寿命を延ばすことができます。

たった一枚の薄いマットレストッパーが睡眠環境を劇的に改善してくれるのです。

 

トッパーとベッドパッドの違い

ベッドパッド

「マットレストッパーって、要するにベッドパッドと同じじゃない?」という疑問が湧くかもしれませんが、そもそも明確に役割が異なります。

本来はマットレストッパーを使うべきところで、価格の安さに惹かれてベッドパッドを買ってしまうなんてことがないよう、マットレストッパーとベッドパッドの性格の違いを理解しておきましょう。

マットレストッパーの役割

マットレストッパーは、使用中のマットレスの寝心地と通気性の改善が主眼です。

求められる機能はマットレスそのものです。

当然、体重を支える必要があるため、ある程度の厚みが必要になります。

また、体圧分散性など、一般的なマットレスに求められる機能を備えておく必要がある上に、強度や耐久性も欠くことができません。

ベッドパッドの役割

ベッドパッドの役割は寝心地改善というよりは、寝汗の吸収や皮脂汚れの防止にあります。

要するに「マットレスの保護」です。

汚れの防止が主眼なので、マットレストッパーほどの厚みは求められません。

もちろん、耐久性も絶対条件にはなりません。

マットレスとしての基本機能よりは、洗える、たためるなど、シーツに近い役割が求められるのです。

トッパーとベッドパッド役割一覧表

マットレストッパーとベッドパッドの役割や厚みです。

使用目的に合わせ、どちらかを選択してください。

 マットレストッパーベッドパッド
使用目的・寝心地改善
・通気性向上
・マットレスの保護
・寝汗の吸収
・皮脂汚れの防止
厚さ4cm〜7cm0.5cm〜2cm

 

マットレストッパーの使い方

マットレストッパーの使い方

トッパーがズレないようシーツ固定

まず、使用中のマットレスや敷き布団の上にトッパーを敷きます。

そして、ボックスシーツを被せて固定します。

トッパーが動いてしまうと、寝姿勢の崩れの原因になるので、しっかりとボックスーツで包むようにしましょう。

マットレストッパーを汚さないために、ベッドパッドを使いたくなりますが、その必要はありません。

もし、マットレストッパーの汚れが気になるようであれば、丸洗いできるマットレストッパーを選び、衛生的な睡眠環境を維持するようにしましょう。

ボックスシーツの注意点

ボックスシーツは、使用中のマットレスとマットレストッパーを覆って、さらに固定する役割も兼ねることになります。

そのため、ボックスシーツのサイズは慎重に選ばなければいけません。

縦と横のサイズだけではなく、大切なのが「厚み(高さ)」です。

縦横のサイズは合っていても、思ったより厚みがあったため、シーツが入らなかったというケースは案外多いのです。

マットレスの厚みに加え、マットレストッパーの厚みを計算し、対応できるボックスシーツを購入するようにしましょう。

一方、サイズに余裕がありすぎるのも問題です。

ブカブカでマットレスとトッパーが固定できず、寝返りを打つ度にトッパーがズレてしまっては、せっかくのトッパーの意味が半減してしまいます。

 

マットレストッパーの種類

マットレストッパーと言っても、多くの種類があります。

素材やサイズなどを考慮し、自身のニーズに合ったマットレストッパーを探しましょう。

高反発ファイバー

高反発ファイバー

マットレストッパーと言えば「高反発ファイバー」を思い浮かべる方も多いでしょう。

まさにマットレストッパー市場を開拓したのが、高反発ファイバーマットレスの代表格である「エアウィーヴ」なのです。

高反発ファイバー製のマットレストッパーの最大の特徴であり、長所は「洗える」点にあるでしょう。

「マットレスは洗えない」という常識を覆したことだけを見ても、高反発ファイバー製マットレストッパーの功績は大きいのです。

ファイバー素材を成形したマットレスなので、寝心地は硬めです。

通気性が抜群なので夏は涼しく、冬は空気が暖房の役割を果たしてくれるので、とても暖かいのです。

反発力もあり、体圧分散性にも優れているので、腰痛対策にもバッチリ。

常に清潔な睡眠環境を維持したい方に最適のマットレストッパーです。

エアウィーヴ マットレス スマートZ

知名度抜群のエアウィーヴの厚さ9cmで床でも畳でも1枚敷きできる三つ折りマットレスが「スマートZ」です。
簡単に三つ折りできるので、収納が楽で部屋を広く使えます。
普段のお手入れも容易です。縦置きにして通気させるだけでカビの予防ができますし、カバーも中材も洗えるので常に衛生的です。
頭、腰、足部分の三分割になっており、中材の入れ替えが可能なので、ヘタりを防止でき、マットレスの寿命を長くすることができます。

アイリスオーヤマ エアリーマットレス エクストラ

大好評のアイリスオーヤマのマットレス「エアリーシリーズ」より、さらに進化したのが【エアリーマットレスエクストラ】です。
リブ構造で芯材の中身が空洞の特殊加工をしたエアロキューブの機能で、体圧分散性と通気性がさらにUPしました。
製品体積の約95%が空気でできているため、軽量で持ち運びも簡単。雲に浮いているような寝心地で自然な寝姿勢を保ってくれます。
3次元スプリング構造で、腰痛や肩こりにも効果があります。

 

高反発ウレタン

高反発ウレタン

最もポピュラーなマットレストッパーは「高反発ウレタン」でしょう。

高反発ウレタン製のマットレストッパーは、素材の特性から、体圧分散性が高いという特徴があります。

反発力が高いので腰痛にも効果があり、また寝心地もよいので、マットレストッパーに求められる機能を満たしていると言えます。

東京西川の大人気マットレストッパーである「Air」のように、表面を凸凹に加工し、体重を点で支え、しっかり体圧を分散してくれるタイプも人気があります。

買ったマットレスの寝心地を改善したい場合や、腰痛改善のために寝姿勢を矯正したいといった様々なシーンに高反発ウレタン製のマットレストッパーは使えるのです。

まさに万能タイプのマットレストッパーと言えるでしょう。

東京西川Air

三浦知良選手や田中将大投手、羽生結弦選手など、多くのトップアスリートも愛用する西川AiRシリーズです。
上層部の凹凸で体圧を分散します。
多数の点で身体を支えるためフィット感に優れ、体圧分散機能により睡眠中の血行障害を緩和するので筋肉や靭帯の疲労を回復させます。
3層構造のでそれぞれの硬さを変えており、硬めのベース部分が体をしっかり受け止め、理想的な寝姿勢をキープします。

 

まるで無重力の快眠マットレス【オクタスプリング】

『オクタスプリング』は、美容・健康の総合企業「ヤーマン」が開発したマットレスです。
マットレス開発の権威であるウィリー・ポッペ氏が監修した、スプリング形状による通気性とウレタンフォームのサポート力を同時に実現する全く新しいマットレスとして人気を博しています。
その品質が高く評価され、イタリアの5つ星ホテル「アルピナホテル」全室で採用されています。
高齢者やスポーツをやられている方、デスクワークの方、お子様にも最適です。
腰痛、快眠、安眠を希求する方にオススメのマットレスだと言えるでしょう。

 

エムリリー優反発シリーズ

「マンチェスターユナイテッド」の公式マットレス&ピロー・パートナーとしてイギリス、フランス、ドイツ、アメリカなど、世界16カ国で販売されています。
通常のマットレスだけではなく、トッパーや三つ折りタイプ(日本特別仕様)というラインナップです。
どのタイプも柔らかさと弾力性を両立した新素材「優反発」を採用し、理想的な寝姿勢を実現しています。
特殊二層構造の上層部である優反発フォームは、まるで低反発のような柔らかさがありながら、高い通気性と反発力を実現し、スムーズな寝返りや起き上がりをサポートしてくれます。
また、下層部の高反発が沈み込みすぎないよう持ち上げ理想的な寝姿勢を保ちます。
腰痛や肩こりに悩む方におすすめのマットレスです。

 

低反発ウレタン

低反発ウレタン

マットレストッパーにも「低反発ウレタン」があります。

マットレストッパーに限らず、低反発ウレタン素材は反発力がなく、体重を支えきれないため、寝具には不適と評価されています。

低反発ウレタン製のマットレストッパーは、寝返りが困難になり、疲れが取れない。

また、腰が沈み込みすぎてしまうため、腰痛に悪影響があると指摘されています。

さらに通気性も悪く、熱がこもるので、夏場は最悪です。

低反発ウレタン製マットレストッパーは、柔らかい寝心地が実現できるので、つい買ってしまいそうになりますが、あまりおすすめできません。