熟睡できるマットレスのおすすめランキング

熟睡できることは幸せなこと

あまり知られていませんが、日本人の中には一定数、睡眠障害を抱えている人がいます。

この睡眠障害とはなかなか辛いもので、夜、ベッドに入ると目が冴えてしまい、まったく寝られなくなり、そのまま朝方まで悶々としながら時間を過ごし、やっと眠れそうだと思ったときには起床時間・・・というパターンが多いようです。

寝たいのに寝られない。寝られそうだと思った頃には起きなければいけないというのは相当なストレスになります。

まずは寝られる状態になること

長い間、寝ることができずに苦しんでいた人が、ようやく満足できる眠りを得たときに、決まって口にする言葉はやはり「ようやく熟睡できた」です。

夜眠いのに寝られないというのは、とても辛くトレスの溜まることです。

その状態から解放され、久しぶりによく寝られなときには、皆さんとてもいい笑顔で明るく晴れ晴れとしているものです。

肩こりや腰痛を訴えていた人も、また、いびきに悩んでいた人も、朝からだがだるくて、なかなかベットから出られなかったという人も熟睡によってすべての症状が改善してしまうのです。

「よく寝ることによって体の調子が良くなりました」、または「とてもやる気が出てきました」という声はよく聞かれるのです。

睡眠の影響

睡眠は様々な形で私たちの体にポジティブな影響を与えてくれます。

中でも睡眠がもたらしてくれる究極の効果といえば、やはり自律神経の調整になるのではないでしょうか。

自律神経は本人と意思とは関係がなく、体の機能を調整する神経であります。

もう少し詳しく言うならば、その動きは交感神経と副交感神経という2つの神経のバランスによって調節されてくるのです。

交感神経

交感神経とは、つまり私たちをやる気にするモードであるアクティブな神経のことをいいます。

勉強でも仕事でも趣味でもとにかく何かに一生懸命取り組もうとするときに働く神経で、脳みそにどんどん血液を送り込み体に適度な緊張感を作って活動をサポートしてくれる神経なのです。

副交感神経

一方の副交感神経とは体にリラックス状態をたらしてくれる神経のことをいいます。

私たちが興奮したり緊張したときに心を沈めてくれるのも、この神経の働きですし、疲れた体を睡眠に導いてくれるのもこの副交感神経の働きのひとつなのです。

交感神経と副交感神経はオンとオフ

このように交感神経と副交感神経は正反対の作用を持つ自律神経であり、この両者は私たちの脳や脊髄の内部で常に拮抗しながら活動をしているのです。

交感神経が強く作用しているときには人間は活動的であり精力的であり、ときには攻撃的にもなりますが、副交感神経が優勢なときには心身ともに静かで落ち着いた状態に見えることが多くあるのです。

言い換えてみるならば、自律神経とは電気のオンとオフの関係のようなものといえるかもしれません。

人間の体も必要に応じて交感神経と副交感神経を切り替えていくものです。

この切り替えができなくなった時は電気製品と同じく故障という状態になってしまうのです。

切り替えがうまくいくときは心身ともに調子が良く気分も優れた状態といえます。

しかし、この切り替えがうまくいかなければ、体調不良であり気分の詐欺込むことが多くある状態と言えるでしょう。

このように服交感神経の切り替えがうまくいかない状態が続いてしまうと倦怠感やめまいや動機や食欲不振などが起きてしまいます。

汗をかいてしまったり、関節などが痛むなどあらゆる不調が生じてきてしまいます。

いわゆるうつ病の状態に近いのが、この副交感神経への切り替えの失敗なのです。

睡眠で健康を維持する

この交感神経と副交感神経の切り替えに重要なのがやはり睡眠です。

自分にあった深い睡眠を得ることによって、自律神経の活動を正常に保ち自分の健康を維持することが出来るのです。

そのためには何より深く眠ること。

そしてストレスから解放されることが何より重要なのです。

そのためには毎日使うマットレスが重要です。

自分にあったマットレスを選び深い睡眠を得ることによって交感神経と副交感神経の働きを正常に保ちながら健康を維持していくことを心がけてください。

これによってあなたが長期間の健康を維持することができるはずです。

熟睡マットレスおすすめランキング

朝まで熟睡できるおすすめのマットレスはなんでしょうか。

ニトリや無印などの比較的安めのマットレスもありますが、やはりそれよりも高額な機能性マットレスの方が快眠には適していると言えるでしょう。

高価で重量があり、ベッドすレームと同時に買うことが前提になりますが、シモンズやシーリーなどのコイルマットレスもおすすめのひとつになります。

モットン

球界のレジェントである山本昌さんが使っているマットレスとして人気なのが「モットン」です。
【商品の特徴】
■自然な寝返りをサポートする反発力
■体圧分散に優れ、腰への負担を可能な限り軽減
■8万回の耐久試験にも耐える、優れた耐久性
■通気性が良く、蒸れにくい
■ダニを寄せ付けず、ホコリも出ないので安心
■思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地
■安心のアフターサービス
■体重や好みに合わせて選べる硬さ

雲のやすらぎ

テレビ局各社で大絶賛!雑誌でも特集が組まれ、全国の利用者から満足度の高いクチコミが集まる注目度抜群のマットレスです。「雲のやすらぎ」がこだわり抜いたのは『浮いてるような感覚』です。腰痛で悩んでいる方、朝起きると腰が痛くなってしまう方、低反発マットレスが合っていないと感じる方などに最適です。
【商品の特徴】
■体圧分散の常識を覆した!独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用!
■凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛の方に安心!
■厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団
■最高級フランスロレーヌダウン仕様であったかい!
■リバーシブルで春夏は通気性抜群!
■SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で、防ダニ・抗菌、防臭効果
■安心の日本製

マニフレックス

イタリアで生まれた「マニフレックス」は50年の歴史を持ち、世界75カ国で愛されている寝具の総合ブランドです。
マニフレックスのマットレスに横たわると、一度沈み込んだ後、体圧を均等に分散してしっかり支え上げ、立ったままの理想的な寝姿勢を保ち続けます。
硬すぎず、弾力があって柔らかすぎない、最適な弾力性と復元性・反発力を併せ持つのがマニフレックスの特徴で、優れた通気性を誇る、高密度・高反発フォーム「エリオセル」はその品質と耐久性を証明する長期保証がついています。
日本では腰痛に悩まされている方に特に人気があります。

次世代マットレス【ビブラート1】

卵を思いっきり投げても割れない驚異の体圧分散機能があります。
高密度のリラックスウレタンを使い、革新的な3層のビブラートスリープシステムを設計しています。
衝撃を吸収しながら、バネのように反発力で押し返しので、人の体圧をしっかりと受け止めつつ、寝返りを打つ時には適度な反発力で適切にサポートしてくれます。
腰痛・背中痛・肩こりで悩んでいる人、夜中に目が覚めて、熟睡出来ない人、どのマットレスでも身体にフィットしない人におすすめのマットレスです。

13層やすらぎマットレス:日本製極厚27cmマットレス

最大級の厚み!13層の極厚27cm!こだわり抜いた完全日本製造の高品質高反発マットレス。
プレミアムポケットコイルで寝心地抜群!
腰痛、ヘルニア持ちの方、低反発マットレスで腰を痛めている方、睡眠を大切にし、深い睡眠をしたい方、布団からマットレスに買い替えたい方に最適なマットレスです。

まるで無重力の快眠マットレス【オクタスプリング】

『オクタスプリング』は、美容・健康の総合企業「ヤーマン」が開発したマットレスです。
マットレス開発の権威であるウィリー・ポッペ氏が監修した、スプリング形状による通気性とウレタンフォームのサポート力を同時に実現する全く新しいマットレスとして人気を博しています。
その品質が高く評価され、イタリアの5つ星ホテル「アルピナホテル」全室で採用されています。
高齢者やスポーツをやられている方、デスクワークの方、お子様にも最適です。
腰痛、快眠、安眠を希求する方にオススメのマットレスだと言えるでしょう。

エムリリー優反発シリーズ

「マンチェスターユナイテッド」の公式マットレス&ピロー・パートナーとしてイギリス、フランス、ドイツ、アメリカなど、世界16カ国で販売されています。
通常のマットレスだけではなく、トッパーや三つ折りタイプ(日本特別仕様)というラインナップです。
どのタイプも柔らかさと弾力性を両立した新素材「優反発」を採用し、理想的な寝姿勢を実現しています。
特殊二層構造の上層部である優反発フォームは、まるで低反発のような柔らかさがありながら、高い通気性と反発力を実現し、スムーズな寝返りや起き上がりをサポートしてくれます。
また、下層部の高反発が沈み込みすぎないよう持ち上げ理想的な寝姿勢を保ちます。
腰痛や肩こりに悩む方におすすめのマットレスです。